債務整理をしたら、生活がすごく楽になりました。(女性/40代)

女性/40代

私は会社員として働いている40代の女性なのですが、数年前に病気を患い、入院することになりました。

高額な入院費や治療代を払う必要があったのですが、貯金を全て使い果たしても足りませんでした。
また、私にはお金を借りられるような兄弟や家族がおらず、やむなく消費者金融を利用しました。

先生からは手術を受ければすぐに退院できると言われたので、
仕事に復帰すればきちんと返済できると思っていました。

しかし、悲しいことに治療が上手くいかず入院が長引いてしまい、借金がどんどん増えてしまったのです。

数ヵ月後に無事に退院できましたが、借金の総額は100万円以上にもなりました。
その後、仕事に復帰して頑張って働いたのですが、毎月の利息分を返済するだけで精一杯でした。

元金まで返済することができず、なかなか借金を減らすことができなくて苦しかったです…。

その後、ストレスを抱えながら生活するようになり、今後の先行きが不透明でどうすればいいか分かりませんでした。
そんな時に偶然知ったのが、借金相談カフェという借金の無料相談サービスでした。

無料なのであまり期待していませんでしたが、弁護士さんにどこの消費者金融からいくら借りているか、
借りている期間など細かく聞かれて、本当に親身になって解決方法を探してくれました。

そして、私は債務整理をすることを決意しました。

債務整理とは今まで払っていた利息と延滞金を払わず、元金の返済のみを行うことで借金をなくす方法です。

弁護士さんが相手との交渉を代理で行ってくださり、債務整理をした後はすごく生活が楽になりました
こんなに借金の重荷がなくなるのならば、早く相談すれば良かったなと思います。

借金相談カフェ

借金相談カフェ
  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 完全匿名で利用できて個人情報厳守なので、誰にもバレれない
  • 自分に最適な法律事務所や司法書士事務所を紹介してもらえる

借金が減額されて、督促もストップしました。(男性/40代)

男性/40代

慰謝料の支払いはないものの、私は過去に離婚を経験したことがあります。

それまで住んでいた分譲マンションのローンは私名義だったので、
支払いは私が継続しつつ、元妻と子供たちが住み続けることになりました。

私は実家暮らしをすることになったのですが、この歳になって親との同居に息苦しさを感じ、
職場の配置転換をきっかけに一人暮らしを始めました。

ただ、今まで一人暮らしをしたことがなく、家具や家電をお気に入りで揃えたり、
賃貸の物件も新築にこだわったりと、あまり深く考えずにスタートしてしまいました。

現金が必要な賃貸契約の諸費用などは用意したのですが、家電や家具の購入はクレジットカードのリボ払いにしました。

毎月の支払いが一定なので安心感はありましたが、いつの間にかその金額が大きくなり、支払いが厳しくなりました。

そして、生活費や交際費もうまくコントロールできず、その返済のために
カードローンを契約したところから、地獄のような生活になってしまいました

生活水準を落とさないように見栄を張ったことが原因とはいえ、徐々に借入額が大きくなってしまったのです。

親にはもちろん、周囲に相談できる人もいないので、どうしていいか困りました。

そんな時に、インターネットの広告で借金返済に困っている方へというメッセージを見て、
半信半疑ながらそのサイトを覗いてみました。

そこには、債務整理は法的に認められた借金に対する救済措置で、
借金問題の解決につながる可能性が高いと書かれていました。

また、債務整理は「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」と種類が分かれており、
自分の借金の状況に応じて、どれを選ぶかを決めた方がいいとも書かれていました。

手続きが複雑なので、専門の弁護士や司法書士に相談した方が良いことも分かりました。

早速、私は近所の弁護士に債務整理の手続きを依頼したのですが、
月々の支払額が減額されて利息もカットとなり、督促もストップしました。

家族や会社に知られずに申請できたことも嬉しかったですね。

借金問題の解決は早ければ早いほど、ダメージが少なくて済みますので、
まずは借金相談カフェなどの無料相談サービスを利用してみるといいと思います。

借金の無料相談を受けるべきです。(女性/30代)

女性/30代

私は就職して間もない頃から、仕事で溜まったストレスを買い物や外食で発散させていました。

30代に突入すると、ブランド品を購入する機会が増え、クレジットカードを多く使うようになりました。
そして、33歳の時にクレジットカードの返済が難しくなり、消費者金融会社からお金を借り始めました。

返済と借り入れを繰り返す中で、私の借金は莫大な金額になっていきました。

しかし、その危機的状況を直視するのが怖くて、見て見ぬふりをしていたのです。

ついに35歳の春、私の携帯電話だけでなく職場にも返済を要求する連絡が来るようになり、
周囲の人々に多大な迷惑を掛けることになってしまいました。

この時初めて、自分の行動を反省し、借金問題を本気で解決しなきゃと思いました。

ただ、精神的に限界の状態になっていた上に手持ちの資金がなかったため、どうすればいいか分かりませんでした。
そんな時、故郷の両親から電話が掛かってきたのです。

久々に父母の声を聞き、胸が熱くなりました。。

これを機に、「高齢の両親を心配させてはならない!」と自分自身を奮起させて、借金問題について本腰で調べました。
すると、近場で借金の無料相談会があることを知り、行ってみることにしたのです。

借金の現状と経緯を弁護士に説明すると、債務整理で借金から脱却する方法を教えてもらいました。

そして、そのままその弁護士に正式な手続きを依頼した所、
借金が減額されて、今は普通の生活を送ることができています。

確かに借金を誰かに打ち明けることはとても恥ずかしく、勇気がいることだと思います。

しかし、手遅れになる前に借金相談カフェなどの無料相談サービスを利用することをおすすめします。